2020年07月02日

和紙の照明




IMG_4330.JPG



明治初期から続く造り酒屋の酒蔵に

優しい光を灯していました。

今は酒蔵としての役目を終え、

イベントスペースとして利用されている

お洒落な空間です。

全ての照明に和紙が使われていて、

何とも言えない心地良さでした。





IMG_4333.JPG








アトリエククー!(名古屋・福岡)
 http://ateliercoucou.net/















posted by coucou at 22:53| 日記

2020年05月17日

色の力





IMG_4073.JPG




バスク織りの生地で作られたエプロンです。

そこにあるだけで、周りの空気まで

ぱっと明るくなるのを感じます。


色の持つ力は本当に凄い。




IMG_4074.JPG




裏の色もまた良し。

お土産にいただいて以来、ずっと愛用しています。

汚れてしまうのは嫌なので、

ローテーションを少なめにして
 
大切に使っています。






アトリエククー!(名古屋・福岡)
  http://ateliercoucou.net/




posted by coucou at 14:24| 日記

2020年05月03日

ステイホーム



掃除をしている時に、障子に穴を開けてしまいました。

全て貼り替えるか、穴の部分だけに重ね貼りするか。

どうしたものかとある方に相談したら、

色や柄の入った和紙を貼ると良いと、

貴重なアドバイスをいただきました。



IMG_4100.JPG




自宅にあった市松模様の和紙を貼りました。

黄味を帯びたパール色で光沢があります。




IMG_4095.JPG




このパール色の和紙が、何故か光を通すと

また違った色に見えます。

和紙ならではの楽しみです。




IMG_4106.JPG




破れた一枚だけではなく、数枚貼り替えてみました。

なるほど見慣れた和室が、いつもよりモダンに見えます。

白い障子紙を貼ることしか頭になかったので、

この味わいのある仕上がりに大満足です。

アドバイスに加え、剥がし方から貼り方まで

丁寧に教えてくれました。

さすが表具師の女房、彼女に相談して良かった。







アトリエククー!(名古屋・福岡)
 http://ateliercoucou.net/




posted by coucou at 09:31| 日記